Rakuten Miniのレビュー

スマホ
Rakuten UN-LIMITお申し込みでRakuten Mini本体代が1円 | 楽天モバイル
Rakuten UN-LIMITにお申し込みいただくと、Rakuten Miniを本体代1円でご購入いただけます。2020年5月27日9:00~6月17日8:59の期間限定!

スペック

サイズ約106.2 x 約53.4 x 約8.6 (mm)
重量約79g
ディスプレイ約3.6インチ / TFT HD / 1,280 × 720
連続待受時間(LTE)約160時間
連続通話(通信)時間(LTE)約5.4時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 439 / オクタコア 2GHz + 1.45GHz
OSAndroid 9.0
RAM(メモリ)3GB
ROM(Storage)32GB
メインカメラ(外側)約1,600万画素
フロントカメラ(内側)約500万画素
バッテリー容量約1,250mAh
おサイフケータイ / NFC対応
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
端子USB Type-C
スペック

スペックは以上の通りとなります。

付属品として、ACアダプター / USB Type-Cケーブル / 3.5mmイヤホン変換アダプター / ユーザーガイド(保証書)が入っていました。

開封

今回は開封を写真で紹介動画化したので、以下をご覧いただけるとありがたいです。

【楽天スマホ】Rakuten Mini 開封&設定編
Rakuten Mini開封&設定

アプリのレスポンスは開封後の設定編でわかると思うので、気になる方はご覧ください。

外観

ボタン周辺

ボタン周辺

ボタン周辺はこのようになっており、下のボタンが電源で上の二つのボタンがボリュームの上げ下げボタンになっています。

端子・スピーカー部分

端子部分

端子はUSB Type-C(USB2.0)となっており、スピーカーの穴は両端についている構成になっていることが分かります。

裏部分

裏部分

rakuten miniの裏部分の中央には楽天のマーク「R」があり、Felicaマーク部分にNFCのチップが入っておりおサイフケータイとして使えます。

ほかの一般的な大きさのスマホとの違いはあまりありません。

まとめ

外観部分は普通のサイズのスマホと同じようなボタン配置になっていることがわかると思います。

注意点としてはイヤホンジャックがないところですが、最近のスマホではそもそもないパターンが多いので問題ないと筆者は思っています。

レビュー

なんと言ってもかなり小さい!!

Rakuten Mini(本体)

重さも79gという小ささ上の軽さになっているので、持っているか持っていないかわからないぐらいです!

79gなので、モバイルバッテリーのほうが重いと思ってしまうほどの端末です。

筆者の場合はどこかに忘れてしまいそうです。。。

しかし、小さいためよいところだけでありません。

いろんなデメリットがありますが、一番の問題はバッテリー容量がかなり小さいところです。

最近のスマホは3000mAhが多くなってきましたが、このRakuten Miniはなんと1250mAhです。いつもメインで使っているスマホと比べてもどうしても電池減りが速いと感じることが多いですが、これは仕方がないのかなと思うところです。(どうしても端末が小さすぎる分、電池容量を削らないといけなくなっていることを理解すると仕方がないことかなと思います。)

電池容量が少ないといっても、OSとしてAndroid 9を搭載しているので以外と電池持ちは頑張ってくれます。画面を使った操作は電池を食ってしまいますが、スリープ状態(画面オフ状態)では少し減りが早いかなといった具合なので、サブスマホとして十分使えるかなといった印象がありました。(スマホの中で画面表示がどうしても電気を食ってしまっているので仕方がないところです。)

また、SIMスロットがなくeSIMという本体内蔵型のSIMになります。

本体内蔵型のSIMなので、ほかのものに差し替えれないのではないのかという方もいると思いますがeSIMはプログラム可能なSIMなので簡単に違うeSIMに切り替えることもできれば追加することもできます。

nanoSIMのようなカード型のものが全く刺さらないのでその点注意しておかないといけません。

楽天モバイルを使っている場合はほぼ問題ないので、気にしなくても問題ないです。

レスポンス

同じ動画になりますが、後半の設定編でアプリのレスポンスが分かると思います。

【楽天スマホ】Rakuten Mini 開封&設定編
Rakuten Mini開封&設定

触った印象としてかなりさくさく動いてくれます。

CPUがSnapdragon 439、メモリが3GBということもありRakuten Miniのアプリはサクサク動いてくれています。ゲームは試していませんが、2D系の軽めのものであれば問題なさそうです。3D系はさすがにきついかもしれません。。

しかし、重いゲームはきついもののYoutube やChromeなどのアプリなどは普通にさくさく動くのでゲーム系以外の比較的軽いアプリは動いてくれそうなので、いろんな用途に使えそうです。

画面が小さすぎるので、操作がしにくいところもありますがこれはこれでいいと思っています(笑)

Geekbench 5での計測結果は以下となっています。

Geekbench 5

Snapdragon 439なので、4xxシリーズではあるものの昔に比べるとかなりパワーアップしている印象があります。

昔はひとつの動作にイライラしていましたが、Snapdragon 439はキビキビと動いてくれます。

他のスマホと比較

この写真を見ていただけるとわかりますが、かなり小さいと思います。

Pixel 3aと比べて大きさは2/3ぐらいイメージがあります。

Pixel 3aもそこまで大きい部類ではないと筆者は思いますが、それでもこの小ささにはかなり驚きました。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はRakuten Miniのレビューでした。

サブのスマホとしてもこの小ささのスマホはほしい方も多いと思います。

記事執筆時(2020/06/05)では2020/06/17 8:59まで1円セールを行っているのでみなさんも購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【楽天モバイル】

次回は、Rakuten Miniの活用方法を紹介する予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました