個人でG Suiteを契約するメリット

おすすめ

個人でGSuiteを契約するメリットをいくつか紹介します。

G Suiteとは?

公式ページ:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/features/

G Suite(旧称:Google Apps for Business)は、Googleがサブスクリプション形式で提供しているクラウドコンピューティング生産性向上グループウェアツール、およびソフトウェアのスイートである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/G_Suite

Wikipediaから引用したとおり、G Suiteはさまざまなソフトウェアやツールをサブスクリプション形式で提供しているサービスです。

プラン

BasicBusinessEnterprise
料金680円1360円3000円
Gmail
ドライブ30GBまで無制限*1無制限*1
Meet
カレンダー
Cloud Search×
サポート
Vault×
データ損失防止××
プラン一覧

*1 5ユーザー未満であれば1ユーザーあたり1TBしか使えないという制限があります。

基本的な機能

サブスクリプションとして基本的に使える機能は以下の通りです。

  • Gmail
  • Google Drive
  • カレンダー
  • Google Cloud Search(Businessプラン以上)
  • Google Meet

などです。(他にもエディションによっては監査ツールなどがそろっている)

全部紹介するには多すぎるので、今回は上のリストにあげたうちのGmail・Google Drive・Google Cloud Search・Google Meet機能を一つずつ紹介していきます。

おすすめの機能

Gmail

G Suiteを契約するメリットの理由はGmailです!

G SuiteのGmail画面(ドメインなどは黒塗りしています)

Gmailの容量はドライブ容量に含まれるので注意が必要です。

GmailというとGoogleの一般アカウントのMailサービスと全く同じですが、機能としてはかなり違います。

それは。。。。。

独自ドメインが使えることです!

独自ドメインというのは[好きな名前]@gmail.comというようなフリーメールと呼ばれるドメインではありません。

このように、[好きな名前]@gadgetview.netという具合にgmail.comの部分を自由なものにできます。そのためにはドメインを取得しないといけないので、その部分の説明は今回省かせてもらいます。

また、フリーメールの場合は[好きな名前]@gmail.comの[好きな名前]の部分の名前が被ることがかなり多く使えないという問題があります。しかし、自分で持っているドメインの場合であればそのような制約がないので自由に名前を決めることができます。

会社や個人で事業をしている方は自分のドメインを持つことで信頼につながります。

そして、GoogleということもありG Suiteの稼働率は99.9%ということもありメールサーバとしての信頼性もあります。

また、複数のドメインやメールアカウントを作れるので複数のメールアカウントを持ちたい人にもかなりおすすめです!

ドライブ

G Suite ドライブ

Basicプランでは30GBまでしか使えませんが、Business以上のプランであれば5ユーザー以上は無制限、5ユーザー未満まで1ユーザーは1TBまで使うことができます。

ドライブの容量はBusinessプランのユーザーは1TB~無制限使うことができます。

ドライブをよく使う方は、Businessプラン以上での契約がおすすめです。

その理由として、容量と共有ドライブの機能の違いがあります。

共有ドライブとは

共有ドライブとは無制限でドライブを共有する機能です。

実はこの共有ドライブはファイルサイズの制限はありません。

制限がないので、実質無制限で使えます。(2020/06/09時点)

この機能はG Suite内のユーザ以外も招待できます。よって、G Suiteに入っていないユーザを招待することで共有ストレージが使えるようになります。

ドライブ ファイルストリーム

ダウンロード先:https://support.google.com/a/answer/7491144?utm_medium=et&utm_source=aboutdrive&utm_content=getstarted&utm_campaign=ja

こちらに詳しく載っていますが、

バックアップと同期、ドライブ ファイル ストリームの違い - Google ドライブ ヘルプ
バックアップと同期 ドライブ ファイル ストリーム マイドライブ内のファイルを使用する 可 可

Onedriveのように、常に保持するファイルの指定や指定したフォルダのみを同期するといった機能が使えるようになります。

一般ユーザのドライブ同期で使われる「バックアップと同期」では個別ファイルのみを同期といった機能が省かれておりバックアップ前提で考えられてるのでよくファイルのやり取りをする方にはおすすめです。

Google Cloud Search

Cloud Search 「メモ」で検索

Cloud SearchとはG Suite内に保存されているすべてのデータから検索できます。

すべてのデータはメールやdocxやxlsx、pptxのようなオフィスファイルまでもが検索対象に入っています。

Businessプラン以上でないと使えないので注意が必要です。

G Suiteで様々なデータを保存・管理している方にはおすすめの機能です。

このCloud Searchは検索速度がかなり早いので、急ぎで調べる必要があるファイルなども簡単に探すことができます。

Google Meet

Google Meet

Google MeetとはGoogleが提供しているテレビ会議サービスです。

Google Meetは一般開放されて一般のGoogleアカウントでも使えるようになりましたが、2020/9/30以降は60分に時間制限がされます。

しかし、G Suiteを契約しているユーザーは時間を無制限で使えます。

また、G Suiteを使っているユーザーがミーティングをホストすることでも時間制限なしでこのサービスが使えるのでGoogle Meetをよく使っている方もG Suiteはおすすめです!

まとめ

G Suiteは少し値段が高いですが、その値段以上のサービスがあるのでみなさんも契約してみてはいかがでしょうか?

ドライブやGmail、Google Meetなどいろんな機能が使えるので、興味のある方は契約してみてください!

サービス | Google Workspace
Google Workspace では、Gmail のビジネス用メール、Google ドキュメントの文書処理、Google ドライブのクラウド ストレージ、Google カレンダーの共有可能なカレンダー、Meet のビデオ会議など、さまざまな機能をご活用いただけます。

14日間無料試用ができるので、悩んでいる方はとりあえず2週間お試しで使ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました